顔のたるみ ほうれい線の消し方

ほうれい線ケア






ほうれい線、私、20代の頃からありますけど何か?

40代主婦です。私は20代、いやもっと前からほうれい線がありました。これは、私の顔の特徴の線なんだとヘンな納得をして過ごしてきましたが、やはり年々深くなってきて悩んでいます。
ところが、先日、よく鏡を見てみると、左右のほうれい線の長さが違うことに気づいたんです。
あ、これは何かエクササイズで少し良くなるかもしれない。。。と思いました。
そして長年見ないふりをしていたほうれい線と決別することを誓い、早速リサーチ開始しました。

どうやら、左右のほうれい線の長さや深さが違うのは、骨盤が曲がっていることが多いそうです。
確かに思い当たる点はあります。私、よく脚を組むんです。左脚が上の場合が多く、気をつけて時々組み替えるのですが、相当曲がっている自信あります。
これについては、後日、行きつけの整体師に矯正してもらい、以後は脚を組まないように心がけます。

ほうれい線ができる原因はいくつかあるようですが、一番は頬近辺の皮下脂肪が筋肉と共に落ちてくることだそうです。これは、お肌トラブル「たるみ」とまったく同じ理由ですよね。となると、筋肉を鍛える、皮下脂肪を減らす、この2つがほうれい線解消の糸口になるのではないでしょうか。

この他にも、タバコ、目の疲労、紫外線によるコラーゲンの消失などが理由として考えられます。

私の場合、喫煙はしませんが、スマホやPCが大好き。毎日何時間も触っています。完全なる依存症。目の疲労は原因として考えられますね。

私は、フレンドリーで声をかけやすい人と思われています。自分で言うのも少し恥ずかしいのですが、よく笑い、元気なイメージだと思います。なので、日ごろから頬近辺の筋肉は使っているつもりではいます。それなのになぜ。。とは言ってられません、youtubeでほうれい線を消すエクササイズを探し、今日からやります!

まとめますと、私がすべき「ほうれい線対策」は次の5点

1)整骨院で骨盤矯正
2)脚を組まない
3)コラーゲンを増やしてくれるスキンケア+食事
4)スマホ+PCの時間を減らし、目の周りをマッサージ
5)ほうれい線を消すエクササイズを毎日続ける

今から写真を撮って、1ケ月後の写真と比べてみます。
やっと重い腰を上げる決心がつきました。

顔のたるみ ほうれい線の消し方メニュー

顔のたるみ ほうれい線の消し方リンク